繁忙期に見つかる短期アルバイト

花屋では四季折々の花を取り扱っていて、年中お店としての需要があると考えられがちです。しかし、スーパーやディスカウントショップなどでも自宅に飾るようなちょっとした切り花を取り扱っていることが多くなったことから、年中お客で賑わうということは少なくなってきました。むしろお祝い事の際に必要となる花束や花輪を作ったり、催し物の際に使用する鉢植えを取り扱ったりするという需要の方が高まる傾向にあるのです。そういった仕事は常に多いわけではないため、常勤のスタッフだけで運営が十分に行えることが多く、アルバイトの募集はあまり多くない傾向にあります。

しかし、年に数回だけ短期アルバイトが募集されることが多いのも花屋の特徴です。その時期というのがお盆とお彼岸です。普段は一人で切り盛りできる状況であっても、お盆とお彼岸の時期だけはお客が殺到してさばききれなくなってしまいがちになります。そのため、アルバイトを雇って対応することが多いというのが実情です。お花の需要の高さもあって値段も上げられることから、十分にその給料をまかなうことが可能であり、花屋としては数少ない確実に稼げる期間となっています。そういったこともあって、毎年買ってくれるリピーターを作ることが重要であり、サービスを待たせないためにも充実した人員確保を行うことが多いのです。お盆やお彼岸にお墓参りをするという文化が続く限りはこの期間に見られる仕事として価値も高いものでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です