花屋のやりがいと腕の見せ所

花屋のアルバイトの醍醐味といえば、花束や花のアレンジ制作でしょう。基本的に、お花屋さんの店頭で売っているような花というのは、陳列用に担当者が作ったり、半端物を使ったりしますが、スタッフの最も腕の見せ所となるのは花の予約が来たときや、店頭に並んでいるものをその場で買っていくという時です。

店頭で購入する場合、短い時間でお客さんの好みに合わせた花のアレンジメントをしなければいけなくなります。希望の花や色を聞いて、用途や予算に合わせて花を自在にアレンジしていくことは、なかなかにやりがいのある仕事です。しかも、そのすぐ近くでお客さんに見られながら作業をしなければいけないので、いっそうプレッシャーがかかるところで花束を作り上げていかなければいけません。慣れないとなかなか手際よく作業することはできませんが、花屋のアルバイトの中でも最もやりがいのあるところであり、また憧れとされる所以となるところでもあります。

とりわけ用途によって、花の趣も大きく違ってきます。仏花とプレゼント用のお花とでは、使う花も色合いもまるで違うものになります。こうした用途に合わせながら花を作っていくのは大変ですが、ひとつひとつ慣れていかなければいけません。とりわけ結婚式などのブーケを作るときは神経を使います。お客さんと入念に打ち合わせなどをしないとできないものですし、一生に一度の晴れ舞台で使用するものでもあるため、責任も重大となります。その分、お客さんに喜んで頂けた時の喜びは大きいものになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です