花屋のアルバイトの功罪

花に興味がある、花を自分でも育てているというなら、花屋でアルバイトをしてみるといいでしょう。美しい花々に囲まれながら働くことができる仕事は、花好きにとってはこれ以上ない環境でしょう。しかし、何事も憧れや好きだけではうまくいかないものです。実際に、花屋のアルバイトも見た目は華やかかもしれませんが、内実は大変なものです。「お花屋さんで働きたい!」と思っている人は、働き出す前に仕事内容やメリット・デメリットについて調べた上で、やっていけるかどうかよく考えるようにしましょう。

例えば、体力をとても使う仕事だということです。水の入った重いバケツを運んだりするため、腰を痛めてしまうことも良くあります。また、水をずっと使っているような仕事なので、冬の間は特に辛いかもしれません。花も植物であるため太陽の光が必要なので、お店は基本的に路面店舗です。花の鮮度を保つために冬の間も暖房を強くかけることが出来ないため、外で仕事をしているのと変わらないくらい寒さを感じます。そんな中で冷たい水を扱わなければならないため、どうしても手が荒れてしまいがちなのです。また時給がそれほど高い仕事ではないので、給料についてもある程度我慢をしなければいけないでしょう。

ただ、こうしたデメリットを押してでも、花屋でアルバイトをする人は後を絶ちません。それはやはり、綺麗な花々に囲まれながら仕事ができるという点がとても魅力的だからです。花束のアレンジやギフト制作など、やっていると身に付けられる特別なスキルも少なくありません。アレンジした花束をお客さんに渡したとき、笑顔で受け取ってくれるものです。そういったお客さんの喜びを感じることができるのは、この上ないやりがいになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です